雑誌歴史群像―次号制作進行中

No.153 (2019年2月号)

No.153は1月6日発売予定です。

時代を先んじたソ連発のニューモード(蒼空の記憶・2018年12月10日)

戦闘機同士の空中戦が生起した第一次大戦。その激戦が終わっても、各国の戦闘機開発は歩みを止めることなく進められました。各国が性能向上を競う中、航空機の進化の中心であった西欧ではなく、遥か東のロシアの空に忽然と出現したのがポリカルポフI-16でした。低翼単葉で引き込み脚を備え、強力なエンジンによる高速を誇るI-16。赤い星の空の革命は、その後の航空機開発にどのような影響を与え、やがて訪れた新たな戦乱の時代の中でどう戦ったのか。「蒼空の記憶」は、I-16の生い立ちから戦いまでを鮮やかな彩色画ととも甦らせます。
TOP  BACK