雑誌歴史群像―次号制作進行中

No.144 (2017年8月号)

旋回銃手は敵戦闘機撃墜の夢を見る……!? (記事・2017年6月19日)

第二次大戦を戦った日本軍の多座機は、敵戦闘機に対して無力だったのか? 火器は輸入品やコピーが主流で、銃座の電動旋回や遠隔操作への挑戦も「理想形」にはほど遠かった日本機の防御兵装。「日本陸海軍機 旋回機銃・銃座発達史」では、後世「貧弱」と言われることの多い防御兵装に注がれた努力の実態を概観します。

TOP  BACK