雑誌 歴史群像

雑誌『歴史群像』は、1992年6月に創刊されました。当時は「人物・戦い・事件」の検証がテーマの総合歴史雑誌でスタートしましたが、読者の人気の高い「戦い」を中心にした編集方針へとシフト。現在は「ミリタリー・戦史Magazine」に生まれ変わりました。

人類の歴史は戦争の歴史でもあり、そこには多くのドラマと学ぶべき教訓があります。これからも戦史をもとに、さらに興味ぶかい誌面づくりを目指します。


歴史群像 No.149
2018年6月号
5月7日発売!

歴史群像2018年6月号

定価(税込)1,010円

 

第一特集

ドイツ空軍、死闘の3か月
ノルマンディ航空戦

ドイツ空軍が西部戦線の命運を賭すも、圧倒的兵力差によりすぐに壊滅したというストーリーで語られる一大航空戦。しかし史実はまったく異なり、ドイツ空軍は長期戦へ持ち込み、最後まで連合軍に出血を強い続けた。それを可能ならしめたものは何だったのか?

第二特集

大敗の要因はどこにあったのか!?
日本海軍潜水艦 その発達と戦術

日本海軍は多くの技術的難関を克服しつつ独自の潜水艦と運用法を確立したが、太平洋戦争では十分な力を発揮できずに終わる。一次史料を紐解きつつ、日本潜水艦の発展と戦術の実相に迫るとともに、太平洋戦争での敗因を検証する。

第三特集

稀代のリアリストが追い求めた“真の明治維新”
島津斉彬

国内外の動乱によって未曾有の危機を迎えた幕末日本で、薩摩藩主・島津斉彬は国家の改造に挑み、その途上で死んだ。西郷隆盛や大久保利通らの後進が受け継ぐべきだったはずの、その大いなる遺産に迫る。

カラー企画

徹底取材 魚雷の性能確認のために発射試験を行った
片島魚雷発射試験場

大正時代、長崎県の佐世保海軍工廠近くに開設された魚雷性能試験場は、日本海軍が誇る魚雷の性能向上に重要な役割を果たした。


海を翔ける女王、その最も輝いた時代!
第二次大戦 日・米・英の大型飛行艇

検証/ドキュメント

誤算から破滅へ 惟任最後の12日間
〔再考〕明智光秀の 山崎合戦

信長を討ち果たし、天下人に名乗りを上げた明智光秀は、「三日天下」でなぜ挫折したのか!? 「本能寺の変」から山崎の敗戦までの足取りと知られざる作戦計画を再検証する。


二十一世紀まで続く悲劇はなぜ生じたのか
中近東諸国と第二次大戦

第二次大戦の勃発によってヨーロッパから中近東諸国に飛び火した戦乱の炎は、同地域の反英・反仏のうねりを加速させた。今世紀にまで続く中近東の動乱、その源流を探る。


日本陸海軍が期待した代用燃料の実相
松根油

太平洋戦争末期、本土決戦の機運が高まる中で、日本陸海軍は切迫の度を増す燃料事情を受けて、代用燃料の生産を加速させた。松の古株より抽出される「松根油」もその一つである。窮余の策として、国民を動員して進められた一大生産プロジェクトの実態と結末とは?


ヌルハチ最後の戦い
後金vs.明 遼東・遼西戦役

後金国を打ち建てたヌルハチは、サルフの戦いで明の大軍を相手に一方的な勝利を得るが、それは長い戦争の幕開けに過ぎなかった。遼河流域に吹き荒れた一大戦役を俯瞰する。

インタビュー

16歳の戦艦『武藏』気象兵
早川孝二

好評!カラー連載!

【日の丸の翼】期待に応えた「軽戦」「重戦」総合戦闘機
陸軍 四式戦闘機『疾風』

【戦国の城】総動員体制が生み出した巨大な空堀
武蔵 小机城

【銘艦HISTORIA】イギリス戦艦の集大成
ヴァンガード

【縦横無尽! 世界戦史】騎士道からプロフェッショナリズムへ
会戦 Vol.3

【[図解]武器と甲冑】第三章 戦国への序章
①城郭の誕生

【戦士の食卓】イタリア山岳部隊兵がウクライナでユダヤ人に提供した
ミネストローネ

好評連載!

西洋戦史研究 ナポレオン戦争Part29
ドナウ戦役⑧ ワグラムの大会戦(前編)

1809年7月、ナポレオン対カール大公のドナウ戦役は最終段階を迎え、両軍合わせて30万の兵が、南北10キロ東西20キロの戦場に向かい合った。ここにヨーロッパ戦史上、空前の大会戦が始まった。


日本100名城と武将たち 岡城X志賀親次

Comic
吉原昌宏[戦場伝説/翼をもつ魔女]

戦場のミステリー

迷宮歴史倶楽部

信長の独断 フルスロットル

負けじ魂、これぞ船乗り

フォークロア幕末維新

ほか企画満載!

TOP  BACK