雑誌 歴史群像

歴史群像 No.144
2017年8月号
好評発売中!

歴史群像2017年8月号

特別定価(税込)1,010円

第一特集

作戦次元で捉える日米最後の死闘
作戦分析 沖縄戦

飛行場か陣地か? 台湾か沖縄か? 変転する戦略環境の中で選択を迫られた日米両軍はついに沖縄で激突する! 県民も含めて多くの犠牲者を出した沖縄の戦いを「作戦」の次元を中心に考察する!

第二特集

斎藤父子それぞれの野望
道三vs.義龍
戦国美濃争乱記

陪臣から国主にまで成り上がった美濃のマムシ・斎藤道三。だが、その道三から美濃一国を奪い取ったのは嫡男・斎藤義龍であった。なぜ父子は骨肉の争いを繰り広げたのか、父子相克の背景を探る!

第三特集

共産圏拡大の端緒となったソ連軍大攻勢
戦略分析 バグラチオン作戦

ドイツ中央軍集団を壊滅させた「バグラチオン」作戦。しかしそれは、1944年のソ連軍夏季攻勢の一環であった。そしてこの巨大な連続攻勢は、大戦後のヨーロッパにおいて、いかに有利な立場を獲得しうるかを考慮して立案されたものだった!

カラー企画

【歴群誌上プレビュー】
『関ヶ原』&『忍びの国』


【戦跡レポート】南海に孤立した日本海軍の拠点
ナウル

日本軍の最前線だったマーシャル・ギルバート諸島が米軍の反攻により陥落したため後方の拠点だったナウルの守備隊は孤立、苦難の道を歩んだ。知られざる南海の海軍拠点の取材レポート。


図説 日本陸軍
兵隊生活の必携アイテム

軍隊には教練や戦闘などの職務のほか、兵士たちの日々の生活もあった。その生活を支えた官給品から民間品までの日用品の数々を紹介する。

検証/ドキュメント

寒村の蘭学者はいかにして用兵の天才となったか
大村益次郎

日本陸軍建軍の父といわれ、幕末維新に活躍した大村益次郎。西洋兵書を翻訳し、現実感覚と飽くなき探求によって近代における戦争の全容を理解し、長州藩諸隊を促成栽培で近代化。戦場での勝利で正しさを実証したその正確無比の戦術眼はいかにして醸成されたのか?


海外技術の導入と純国産化の蹉跌
日本陸海軍機 旋回機銃・銃座発達史

1910~30年代にかけて、日本陸海軍の航空機開発は、急速に世界水準に迫っていったが、一方で要求性能への重点の偏りも生んだ。なかでも敵機の攻撃から自機を守る旋回機銃・銃座の分野ではその傾向が強く、海外製品の導入から始まった国産化への歩みには、多くの困難が待ち構えていた。


イギリス植民地支配の終焉の始まり
インドと第二次大戦

イギリスの約束を信じ、宗派や部派の違いを超えて連合軍の一翼を担った英インド軍。枢軸側の力を利用し、自ら独立を勝ち取らんとしたインド国民軍や義勇兵。それぞれの野望と思惑が
交錯する末にもたらされた結果とは?


北緯50度線を挟んだ静かなる戦い
実録 樺太 対ソ情報戦

かつて日本の領土であった南樺太は、対ソ戦略の北方における重要地域だった。先住民への工作や情報収集などの様々な活動を、北方工作に携わった特務機関長の手記から読み解く。

カラー連載

【戦国の城】琉球王都のプロトタイプ
浦添グスク

【銘艦HISTORIA】日本海軍と矛を交えた北洋水師の「二匹の龍」
定遠級 装甲コルヴェット

【日の丸の翼】米国機の血統を継ぐ万能水上機
海軍 九五式水上偵察機

【縦横無尽! 世界戦史】古代「カタパルト革命」とチェーン・ガン
カタパルト Vol.1

【戦士の食卓】アメリカ軍将兵の士気をも左右したデザート
アイスクリーム

【[図解]武器と甲冑】第二章 バサラの時代
③弓の発達と鎧の変化〈その一〉

インタビュー

キスカ撤退作戦に参加した
軽巡『多摩』乗組員 伊津野省三

砲術士官としてアリューシャン列島での戦いに身を投じ、その後、潜水艦に転任して回天作戦に参加した海軍士官の太平洋戦争。

連載

[連載]西洋戦史研究 ナポレオン戦争Part24
ドナウ戦役③ ウィーン再占領

バイエルンでナポレオンに敗れたカール大公のオーストリア軍は後退。これを追うナポレオンは、城塞都市レーゲンスブルクの攻略を皮切りに、ドナウ河南岸に沿って長駆、敵首都ウィーンへの進撃を開始した!


Comic
吉原昌宏[戦場伝説/翼をもつ魔女]

戦場のミステリー

迷宮歴史倶楽部

信長の独断 フルスロットル

負けじ魂、これぞ船乗り

ほか企画満載!

TOP  BACK