サイト内検索

全国イベント手帖 EVENT INFORMATION

今月も歴史的イベントがいっぱい!
全国で開催されているのでぜひ参加しよう!

(日程・行事などは変更される場合もございます。
お出かけの前に電話・ホームページなどでご確認ください。)
3月 4月

3月 March

観櫻火宴  (長崎県雲仙市千々石町)

3月25日(土)
甲冑武者たちの幻想的な松明行列
天正5年(1577)、雲仙の領主・千々石直員(ちぢわなおかず)と龍造寺隆信勢の間で繰り広げられた釜蓋(かまぶた)城の攻防戦にちなんだ歴史祭り。寸劇では直員と嫡男・千々石ミゲルの別れの場面、千々石家家臣たちの奮戦が再現され、クライマックスの武者行列では松明を持った総勢200名の甲冑武者が桜咲き誇る橘公園を練り歩く。春の夜闇に勇壮ながらも妖しくも幻想的な光景に息を呑む。
問い合わせ/観櫻火宴実行委員会 

春を呼ぶ 宮島清盛まつり  (広島県廿日市市宮島町)

3月26日(日)
世界遺産を舞台にした平安絵巻
安芸宮島の繁栄の礎を築いた平清盛の威徳を偲んで始まった歴史祭り。毎年、清盛の命日・3月20日前後に開催されている。なんといっても見どころは平家一門の嚴島神社参詣行列をモチーフにした時代行列。平家の公達や武者、白拍子や物詣姿など平安の衣装をまとった行列が雅な平安絵巻を再現する。ほかにも舞楽や吹奏楽隊パレードなどがあり、祭りを盛り上げる。
問い合わせ/宮島清盛まつり実行委員会(宮島観光協会内) 

第13回 孫市まつり  (和歌山県和歌山市)

3月26日(日)
迫力の鉄砲演武と時代活劇
戦国最強の鉄炮集団・雑賀衆。そのリーダー・雑賀孫市にちなんだ火力満載の戦国祭り。注目は、個性豊かな甲冑武者たちによる武者行列と迫力溢れる火縄銃演武。特徴的な雑賀鉢を被った「紀州雑賀鉄砲衆」をはじめ、全国各地の鉄砲隊が日頃培った鉄炮操練の技を競う。そのほか織田信長の大軍と渡り合う雑賀衆の活躍を再現する野外劇や音楽ライブなど多彩な催しも予定。
問い合わせ/孫市の会事務局

4月 April

第46回 信玄公祭り  (山梨県甲府市)

4月7日(金)~9日(日)
孫氏の旗に集う総勢1500名の出陣式
武田信玄の遺徳を偲んで行われる勇壮な一大戦国絵巻。メインは川中島へ向かう武田軍の出陣式を再現した「甲州軍団出陣」(8日)だ。武田二十四将が甲斐国一円(県内各地)から手勢を引き連れて参集、燃え盛る篝火のもとで1500名もの甲冑武者が「一味同心の儀」や「三献の儀」を行う。今年は信玄役を噺家で山梨県出身の三遊亭小遊三師匠、山本勘助役を林家一平さんが務め、特別ゲストに林家木久扇師匠を迎えるのも話題。そのほか「賑わい城下町」「スーパー風林火山パフォーマンスコンテスト」など、様々な催しが予定されている。
問い合わせ/信玄公祭り実行委員会
問い合わせ/甲府市役所観光課

平成29年度 家康行列(岡崎桜まつり)  (愛知県岡崎市)

4月9日(日)
勇猛果敢! 三河武士団の武者行列
徳川家康出生の地、岡崎の武者行列。家康、徳川四天王率いる700余名の武者たちが市内を行進しながらの演武や、桜舞う戦国模擬合戦もあって迫力満点。家康生母・於大の方、家康正室・築山御前、亀姫、千姫などきらびやかな「姫列」が華を添える。今年は大河ドラマ『真田丸』で本多忠勝を演じた俳優・武道家の藤岡弘、さんが特別出演。その武辺者ぶりに期待大。
問い合わせ/岡崎市観光協会

第53回 川西市源氏まつり  (兵庫県川西市)

4月9日(日)
清和源氏が大集合! 武家の名門の歴史祭り
清和源氏の基礎を築いた源満仲を祀る、多田神社の春季例大祭の神賑行事。「懐古行列」では、源満仲を始め、その子孫の八幡太郎義家、源頼朝・義経や源頼政、足利尊氏、武田信玄、さらには源頼光に仕えた坂田金時・渡辺綱ら頼光四天王など、源氏ゆかりの武将が古式ゆかしい大鎧に身をつつんで、市内を練り歩く。また、巴御前・常盤御前・静御前の「川西観光プリンセス」、少年少女武者、子供みこしや稚児行列も加わって豪華な時代絵巻を繰り広げる。
問い合わせ/川西市文化・観光・スポーツ課

武田二十四将騎馬行列  (山梨県甲府市)

4月12日(水)
精鋭・武田騎馬衆の一大絵巻
毎年、武田信玄の命日に行われる武田神社の例大祭に合わせて開催。騎乗した武田二十四将が400名もの甲冑武者たちを引き連れて甲府市内を闊歩する。黒澤映画もかくやの、その威風堂々な姿に圧倒されること必至。
問い合わせ/甲府市役所観光課

越前時代行列  (福井県福井市)

4月15日(土)
古代から幕末まで越前を彩る歴史浪漫
「第32回ふくい春まつり」で行われる豪華絢爛な時代行列。傍系から大王家を継いだ継体天皇、越前で非業の死を遂げた新田義貞、戦国大名・朝倉宗滴と義景、柴田勝家・お市の方夫妻と浅井三姉妹、福井藩の基礎を築いた結城秀康、幕末の四賢侯のひとり・松平春嶽ら、福井ゆかりの歴史上の人物を中心に総勢600名が時代を越えた歴史絵巻を繰り広げる。今年は勝家を俳優の布施博さん、お市の方をタレントの相田翔子さんが務めるのも話題。
問い合わせ/ふくい春まつり実行委員会(福井市おもてなし観光推進課)

川中島合戦戦国絵巻  (山梨県笛吹市)

4月16日(日)
赤と黒の一大スペクタクル
永録4年(1561)の第4次川中島合戦。戦国史上もっとも著名な決戦を大人数による模擬合戦で再現する合戦祭り。武田勢と上杉勢に扮した甲冑武者・足軽衆700名が市内を勇壮に行進し、川中島に見立てた笛吹川の中洲で激突する。見物するだけでも、その迫力に実戦の雰囲気を疑似体験できること間違いなし。
問い合わせ/笛吹市観光物産連盟