全国イベント手帖 EVENT INFORMATION

今月も歴史的イベントがいっぱい!
全国で開催されているのでぜひ参加しよう!

(日程・行事などは変更される場合もあります。
お出かけの前に電話・ホームページなどでご確認ください。)
1月  2月

1月 January

長崎ランタンフェスティバル (長崎県長崎市)

1月24日(金)~9日(日)
春節を祝う幻想的な灯の祭典
長崎新地中華街の中国人の「春節祭」を起源とする冬の長崎を代表するイベント。例年、旧暦の1月1日(春節)から1月15日(元宵節)にあわせて行われる。期間中、市街は約1万5000個もの中国提灯で極彩色に染め上げられ、長崎の伝統芸能「龍(じゃ)踊り」や、「中国獅子舞」「中国雑技」「二胡演奏」など中国色豊かな催しが行なわれる。「皇帝パレード」(2月1日・8日)では清朝皇帝・皇后の御輿を中心に旗隊や槍隊など総勢約150人が街を行進し、「媽祖(まそ)行列」(1月26日・2月2日)では、長崎に入港した唐船の船員たちが航海安全を祈った神事が再現される。
問/長崎市コールセンター「あじさいコール」

第五回 全国武将隊大博覧会―宴―  (愛知県常滑市)

1月25日(土)~26日(日)
全国の武将隊が大集合!
「サムライ・ニンジャの聖地」中部国際空港セントレアを会場に、城郭や歴史祭りなどで観光PRを行う国内12の武将隊が一堂に会してファンとの交流を図るイベント。期間中には武者行列、殺陣、寸劇、イケ武将選手権、体験コーナー、演武、クイズ、グッズ販売などが開催される。
問/名古屋おもてなし武将隊運営事務局

2月 February

レルヒ祭 (新潟県上越市高田)

2月1日(土)~2日(日)
日本スキー術発祥地の冬まつり
日本のスキーは明治44年(1911)1月12日にオーストリア=ハンガリー帝国陸軍のテオドール・エドラー・フォン・レルヒ少佐が歩兵第五十八連隊に指導したことに始まった。レルヒ祭はこのレルヒ少佐の功績を讃えるイベント。オープニングセレモニーでは明治時代の服装で一本杖スキーが実演される。ほかに、小学生児童による金谷山太鼓や陸上自衛隊音楽隊の演奏、武将隊の演武、レルヒ屋台村、雪中宝探しなど様々な催しが行われる。
問/レルヒ祭実行委員会事務局((公社)上越観光コンベンション協会内)

鑁阿寺「節分鎧年越」(栃木県足利市)

2月3日(月)
鎌倉時代から続く伝統の勇壮な豆まき「追儺式」
足利氏の居館であった鑁阿寺(ばんなじ)で毎年節分の日に行われる伝統行事。約750年前の鎌倉中期、足利家4代当主・泰氏が一族郎党を召集して結束を誓ったという故事にちなむ。約300名の甲冑武者たちが、法螺貝・陣太鼓を鳴らしながら、織姫公民館から鑁阿寺まで1.3キロを勇壮に練り歩いたあと、本堂回廓にて邪を払う「追儺式(ついなしき)」(豆まき)を行う。 
問/(一社)足利市観光協会 

大内宿雪まつり (福島県会津郡下郷町大字大内)

2月8日(土)~9日(日)
伝統ある宿場町を彩る冬のまつり
かつては会津西街道(下野街道)の宿場町として栄え、重要伝統的建造物群保存地区には寄棟(よせむね)造の茅葺き民家や水路の街並みが残る大内宿。8日夕方から行われる「御神火戴火(ごしんかたいか)」では、高倉神社の御神火をもらい受けた男たちが、松明を持ち集落を走り抜ける。また雪灯籠に火が灯され、白い雪が降り積もる宿場町は幻想的な光景に包まれる。そのほかにも時代風俗仮装大会、そば食い競争、花火の打上げが予定されている。
問/大内宿観光協会

第43回戦国肥後国衆まつり (熊本県玉名郡和水町)

2月9日(日)
肥後国衆と豊臣勢の合戦を再現
天正15年(1587)、肥後国主となった佐々成政の強引な検地に反対する国衆たちと豊臣軍が壮絶な戦いを繰り広げた肥後国衆一揆。この祭りは肥後国衆たちの心意気を今に伝えるべく開催されている。見どころは「武者行列」と一揆を再現した「模擬合戦」。鉄炮戦から刀槍の激しい殺陣に移るリアルな演出に注目。木ゾリに大将が乗り込み敵陣の旗を取りタイムを競う「先陣修羅レース」や、地元の味が堪能できる「楽市・楽座」など各種催しが盛りだくさんだ。
問/和水町商工観光課

TOP  BACK