歴史群像厳選!歴史NEWS&イベント
『歴史群像』本誌に掲載のイベント情報をご紹介します。
その他にも、本誌に掲載しきれなかった戦争関連の特別展や、戦国、幕末の企画展などもアップする予定です!
9月NEWS   歴史イベント 

9月の歴史NEWS

ヒストリー

9月10日  AFPBB 

北京市の故宮(紫禁城、Forbidden City)内にある養心殿(Yangxindian)の補修保護作業がこのほど、始動した。
ヒストリー

9月10日  山形新聞 

刀剣を擬人化した人気ゲーム「刀剣乱舞―ONLINE―」との共同企画展「刀剣と甲冑(かっちゅう)」が8日、鶴岡市の致道博物館で始まった。短刀作りの名手として有名な吉光が手掛けた国指定重要文化財で、ゲームにも登場する短刀「信濃藤四郎(しなのとうしろう)」などが展示され、日本刀に興味を持つ「刀剣女子」らが、歴史を感じさせる美しさに見入った。
ヒストリー

9月10日  京都新聞

文化庁創立50周年や国際博物館会議(ICOM)京都大会開催1年前を記念して、京都府や京都市などは30日、二条城(京都市中京区)や府立植物園(左京区)など府内の文化施設を無料開放する。
ヒストリー

9月10日  産経新聞 

台風21号の暴風雨で、日本最古で最大とされる「真田山旧陸軍墓地」(大阪市天王寺区)で木々や墓石が倒壊する被害が発生していたことが8日、分かった。損傷を受けた墓石は数十基あるとみられ、現在は立ち入りが禁止されている。
ヒストリー

9月11日  河北新報

仙台藩祖伊達政宗が青年期を過ごした大崎市岩出山で8、9日、政宗公まつり(まつり協賛会主催)があった。9日は中心街で「本まつり」を行い、約1000人が勇壮な伊達武者行列を繰り広げた。
ヒストリー

9月11日  京都新聞 

京都市右京区梅ケ畑の平岡八幡宮で7日、本殿の天井に描かれた「花の天井」秋の特別拝観が始まった。

TOP    BACK

開催中の歴史イベント

イベント

~桐村喜世美氏所蔵品受贈記念~岩﨑家のお雛さまと御所人形

~桐村喜世美氏所蔵品受贈記念~岩﨑家のお雛さまと御所人形

期間=1月29日~3月24日
会場=静嘉堂文庫美術館
観覧料=一般1000円/高校・大学生700円
※中学生以下無料

三菱第4代社長の岩﨑小彌太が、夫人のために京人形司に誂えさせた「岩﨑家雛人形」は、その工芸美で高く評価される。戦後、散逸したこの雛人形を人形愛好家の桐村喜世美氏が収集し、2018年に美術館への寄贈を記念して開催されることになった。雛人形のほか、武者人形や犬筥(いぬばこ)の優品、小彌太の還暦祝いに夫人から贈られた「木彫彩色御所人形」も公開される。
イベント

奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

期間=2月9日~4月7日
会場=東京都美術館
観覧料=一般1600円/専門学校・大学生1300円/65歳以上1000円/高校生800円
※中学生以下、障がい者手帳所持者は無料

美術史家の辻惟雄が1970年に著した書籍『奇想の系譜』で取り上げられた画家の作品を中心に、かつて絵画史の傍流とされた斬新な江戸絵画の数々を紹介。伊藤若冲の「梔子雄鶏図」や長沢芦雪の「猿猴弄柿図」など初公開となる作品、海外のコレクターが所有する貴重な作品も多数出品される。
イベント

明治150年特別展 伊藤博文と金沢

明治150年特別展 伊藤博文と金沢

期間=1月19日~3月10日
会場=神奈川県立金沢文庫
観覧料=一般400円/20歳未満・学生250円/65歳以上200円/高校生100円
※中学生以下、障がい者手帳所持者は無料

横浜港開港以降の武州金沢(現神奈川県横浜市金沢区)は、明治の元勲たちの別荘地となった。初代内閣総理大臣・伊藤博文も金沢に別荘を持った一人。そんな彼を軸とする明治の元勲たちと金沢との関わりや当時の様子を、伊藤博文寄贈の大日本帝国憲法関係の資料、江戸から続いた旅亭・東屋の資料などを通して紹介する。
イベント

日本カメラ博物館特別展 フィルムカメラ展

期間=開催中~3月10日
会場=日本カメラ博物館
観覧料=一般300円 
※中学生以下無料

2019年はダゲレオタイプと呼ばれる世界初の写真術が誕生してから180年を迎える。それを記念して、現代ではデジタルカメラに主流を譲ったフィルムカメラや銀塩写真の魅力を伝える特別展が開催される。1888年頃、イーストマン社が製造した「イーストマン・ロールホルダー」をはじめ、古今東西のカメラおよび写真用品など約400点が展示される。
イベント

第24回 ミンダナオ会展示会 欧州大陸海軍

期間=2月9日(土) 10:00~18:00
   2月10日(日) 10:00~17:00
会場=東京都中央区立月島社会教育会館 晴海分館 アートはるみ ギャラリーB
入場料=無料

艦船模型サークル・ミンダナオ会による模型展示会が、今年も開催される。第24回のテーマは『欧州大陸で独自の発展を遂げた艦船』。ヨーロッパの海軍といえば大英帝国海軍を思い浮かべるが、時代によってさまざまな国の海軍が台頭した。そんな欧州大陸の艦船史を、古代ローマ帝国のガレー船から最新のステルス・イージス艦艇に至るまで、1/700スケールの洋上模型を中心に紹介する。
TOP  BACK