歴史群像厳選!歴史NEWS&イベント
『歴史群像』本誌に掲載のイベント情報をご紹介します。
その他にも、本誌に掲載しきれなかった戦争関連の特別展や、戦国、幕末の企画展などもアップする予定です!
9月NEWS   歴史イベント 

9月の歴史NEWS

ヒストリー

9月10日  AFPBB 

北京市の故宮(紫禁城、Forbidden City)内にある養心殿(Yangxindian)の補修保護作業がこのほど、始動した。
ヒストリー

9月10日  山形新聞 

刀剣を擬人化した人気ゲーム「刀剣乱舞―ONLINE―」との共同企画展「刀剣と甲冑(かっちゅう)」が8日、鶴岡市の致道博物館で始まった。短刀作りの名手として有名な吉光が手掛けた国指定重要文化財で、ゲームにも登場する短刀「信濃藤四郎(しなのとうしろう)」などが展示され、日本刀に興味を持つ「刀剣女子」らが、歴史を感じさせる美しさに見入った。
ヒストリー

9月10日  京都新聞

文化庁創立50周年や国際博物館会議(ICOM)京都大会開催1年前を記念して、京都府や京都市などは30日、二条城(京都市中京区)や府立植物園(左京区)など府内の文化施設を無料開放する。
ヒストリー

9月10日  産経新聞 

台風21号の暴風雨で、日本最古で最大とされる「真田山旧陸軍墓地」(大阪市天王寺区)で木々や墓石が倒壊する被害が発生していたことが8日、分かった。損傷を受けた墓石は数十基あるとみられ、現在は立ち入りが禁止されている。
ヒストリー

9月11日  河北新報

仙台藩祖伊達政宗が青年期を過ごした大崎市岩出山で8、9日、政宗公まつり(まつり協賛会主催)があった。9日は中心街で「本まつり」を行い、約1000人が勇壮な伊達武者行列を繰り広げた。
ヒストリー

9月11日  京都新聞 

京都市右京区梅ケ畑の平岡八幡宮で7日、本殿の天井に描かれた「花の天井」秋の特別拝観が始まった。

TOP    BACK

開催中の歴史イベント

イベント

第12回企画展テーマ展示 明治青年 秋山真之

明治青年 秋山真之

期間=開催中~2019年2月17日
会場=坂の上の雲ミュージアム
観覧料=一般400円/高校生・65歳以上200円/中学生以下無料

日本海軍の知将として知られる秋山真之は、慶応4年(1868)、現在の愛媛県松山市で誕生。19歳のときに海軍兵学校に入学した。そして日露戦争で連合艦隊作戦参謀に起用されるなど、日本海軍で重要な役割を果たした。本展では小説『坂の上の雲』で描かれた真之の人生を、海軍や家族に関わる資料とともに紹介。真之を称した東郷平八郎直筆の書「智謀如湧」や本人自画賛の「鯉の滝のぼり」などが展示される。
ニュース

記念艦『三笠』の軍艦旗 73年ぶりに古巣に戻る 更新

『三笠』に掲揚されていた軍艦旗が寄贈され、73年ぶりに戻ってきた。寄贈したのは海軍予科練出身の石本光男氏(故人)の妻・美恵子さん。石本氏は92年にアメリカの収集家から入手。石本氏の遺志を受けて美恵子さんが三笠保存会に寄贈した。軍艦旗は現在、中央展示室で公開中。
イベント

特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」 更新

特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」

期間=9月29日~11月25日
会場=京都国立博物館
観覧料=一般1500円/大学生1200円/高校生700円/中学生以下および障がい者手帳所持者とその介護者1名まで無料

京都国立博物館の開館から120年で初となる本格的な刀剣展覧会。京都では平安時代から現代に至るまで数多くの刀工が工房を構え、名刀を生み出してきた。本展では京都=山城系鍛冶の作品のうち、国宝指定作品と著名刀工の代表作を中心に展示。平安時代、山城鍛冶の祖となる三条宗近が残した「太刀 銘三条(三日月宗近)」、鎌倉時代の名工・粟田口吉光の傑作「短刀 銘吉光」などを通して、山城鍛冶の技術系譜と日本文化に与えた影響を探っていく。また刀工たちの地位向上に関わった後鳥羽上皇ゆかりの品や、刀に関わる近世京都の文化も併せて紹介する。
イベント

第9回 戦史検定 更新

第9回 戦史検定

実施日=11月18日(日)
会場=國學院大学 院友会館大ホール(東京)
   八尾市文化会館 プリズムホール(大阪)
受検内容= 初級、中上級の2コースあり。併願受検可。初級合格者の再受検可。
試検方法はマークシートによる五者一択方式。当日受検は各試験会場で先着30名まで受付。
受検料=初級3800円/中上級5500円/併願8000円

検定収益を国内外の「戦没者慰霊碑」保全費に寄付する目的で始まった「戦史検定」は、昭和の戦争を知ることができる検定。出題範囲は支那事変(日中戦争)・ノモンハン事件・大東亜戦争を通じた昭和の戦争を主題とし、帝国陸海軍建軍以降の近代史と当時の社会情勢・世相・常識などから出題される。
イベント

佐竹政夫航空絵画展~甦る名機の雄姿 更新

期間=9月8日~9月24日
会場=プラニスホール(北海道札幌市中央区北5条西2丁目 エスタ11階)
観覧料=一般500円/大学生400円/高校生以下無料

小誌連載記事「日の丸の翼」の挿絵でお馴染みの佐竹政夫氏の絵画展が開催。世界で初めて動力飛行に成功したライト・フライヤー1号や、大西洋を横断したリンドバーグのスピリット・オブ・セントルイス号、操縦士の経歴を持つフランスの作家、サン=テグジュペリの小説に登場する航空機など原画約150点を公開する。希少な資料やパイロットなどへの取材からリアルに再現された、雄大な空の記憶をご覧あれ。
イベント

第10回 艦船模型合同展示会 更新

期間=9月22日(土) 12:00~18:00
    9月23日(日) 10:00~16:00
会場=中央区立月島社会教育会館 晴海分館アートはるみ ギャラリーA・B
入場料=無料

日本海軍の知将として知られる秋山真之は、慶応4年(1868)、現在の愛媛県松山市で誕生。19歳のときに海軍兵学校に入学した。そして日露戦争で連合艦隊作戦参謀に起用されるなど、日本海軍で重要な役割を果たした。本展では小説『坂の上の雲』で描かれた真之の人生を、海軍や家族に関わる資料とともに紹介。真之を称した東郷平八郎直筆の書「智謀如湧」や本人自画賛の「鯉の滝のぼり」などが展示される。
TOP  BACK