サイト内検索

歴史群像厳選!歴史NEWS&イベント

『歴史群像』本誌に掲載のイベント情報をご紹介します。
その他にも、本誌に掲載しきれなかった戦争関連の特別展や、戦国、幕末の企画展などもアップする予定です!
NEWS 歴史イベント

12月、1月の歴史NEWS

ミリタリー

12月5日 NHK ONLINE

太平洋戦争中フィリピン沖で撃沈された旧日本海軍の戦艦「武蔵」の建造に使われた200枚に上る設計図が今も残されていることがわかり、初めてNHKに公開されました。
ミリタリー

12月6日 静岡新聞 

須坂市のフリーディレクター宮尾哲雄さん(66が、5月に99歳で亡くなった元ゼロ戦パイロット原田要さん(長野市)らの証言を記録したドキュメンタリー映画を製作している。
ミリタリー

12月6日 ロイター

12月5日、チェコ共和国のモラビア南部の町スラフコフ・ウ・ブルナで3日、1000人を超える歴史愛好家らが集い、ナポレオン率いる軍隊が連合軍を破った有名な「アウステルリッツの戦い」を再現した(2016年 ロイター/David W Cerny)
ミリタリー

12月8日 ANNニュース 

安倍総理大臣が近く訪れるアメリカ・ハワイの真珠湾では、旧日本軍の攻撃から75年になる7日、退役軍人や地元住民らが参加する追悼式典が開かれました。
ヒストリー

12月14日 信濃毎日新聞 

上田市の上田城跡公園にある県宝「西櫓(やぐら)」を中央で支える真柱(しんばしら)が15世紀半ばから17世紀前半までに伐採されたケヤキであることが13日、分かった。
ヒストリー

1月12日 河北新報 

宮城県大崎市が11日、報道機関に公開した仙台藩祖伊達政宗の書状と公文書計6点は、政宗の青年期から晩年までと書かれた年代が異なる上に、書状の宛先も他藩の藩主やシンパ、息子とさまざま。専門家も「政宗の交友関係や酒癖まで分かる貴重な史料」と評価を与える。
ヒストリー
1月13日 高知新聞
坂本龍馬が暗殺される5日前に書いたと推定される手紙が見つかり、高知県が1月13日、東京都内で記者発表した。1867年の大政奉還直後の混沌(こんとん)とした政局で、龍馬が書状の中で初めて「新国家」という言葉を使って、新政府の財政担当者に福井藩士の三岡(みつおか)八郎(後の由利公正)を出仕させるよう福井藩重役に懇願する内容。

TOP    BACK

開催中の歴史イベント

イベント

戦国時代展─A Century of Dreams─

期間=開催中~2017年1月29日
会場=江戸東京博物館 1階特別展示室
観覧料=一般1350円/専門・大学生1080円/高校生以下・65歳以上680円
 ※常設展との共通券あり

100年あまりに及ぶ戦国時代を網羅した展覧会。川中島や姉川の合戦、厳島合戦など、各地で繰り広げられた戦闘の様子を、当時の屏風画や文書、戦道具などを交えて解説する。2001年に武家文書としては初めて国宝に指定された「上杉家文書」の特別展示のほか、狩野派の雄・狩野元信が描いた「四季花鳥図屏風」など、貴重な美術品も展示される。
イベント

特別展覧会 没後150年 坂本龍馬 

期間=12月17日~2017年2月5日
会場=長崎歴史文化博物館 3階企画展示室
観覧料=大人1200円/中学・高校生700円/小学生以下無料

没後150年を迎えた坂本龍馬を主人公にした展覧会。ユーモアに富んだ内容で知られる龍馬の手紙にスポットを当て、龍馬が姉の乙女や兄の権平に宛てた直筆の手紙を多数展示。2014年に発見された、龍馬が福井の三岡八郎(のちの由利公正)に会いに行った様子を記した手紙など、最新の資料も公開される。また龍馬が愛用した刀剣「吉行」なども展示され、剣の達人としての龍馬にも触れることができる。
イベント

第22回 ミンダナオ会展示会  冷戦期の艦船

期間=2月11日~12日

ミンダナオ会展示会 冷戦期の艦船

※終了時間が日によって異なります。詳細は下記サイトをご参照ください。
会場=中央区立月島社会教育会館 晴海分館 アートはるみギャラリーB
観覧料=無料

模型サークル・ミンダナオ会が主催する展示会が今年も開催される。第22回のテーマは『冷戦期の艦船』。第二次世界大戦を生き残ったベテラン艦から現用艦に連なる冷戦末期の艦艇まで、縮尺700分の1の各種模型が約200点展示される。テクノロジーの発達とともに戦術も変わっていっ
たことが、ズラリと並んだ模型群から感じ取ることができる。
イベント

ヴェルサイユ宮殿《監修》
マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実

マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実

期間=開催中~2月26日
会場=森アーツセンターギャラリー
観覧料=一般1800円/高校・大学生1200円/小・中学生600円/小学生以下無料

マリー・アントワネットの生涯を辿る企画展が開催中。アントワネットの肖像画や彼女が愛用した食器や家具、衣服など約200点を展示。さらにヴェルサイユ宮殿内にある彼女のプライベート空間「プチ・アパルトマン」を原寸大で再現。

イベント

特別展「春日大社 千年の至宝」

「春日大社 千年の至宝」

期間=開催中~3月12日
会場=東京国立博物館 平成館
観覧料=一般1600円/大学生1200円/高校生900円/中学生以下、障がい者とその介護者1名無料

春日大社の修繕「式年造替」60回を迎えた節目に、同社に奉納された至宝がまとめて見られる特別展。琴の表面に美しい蒔絵を施した国宝「蒔絵箏」や、金無垢で彩られた国宝「金地螺鈿毛抜形太刀」のような春日大社に伝来した古神宝の数々を鑑賞できる。期間限定で国宝の甲冑4領が集う空間が必見。また春日大社と縁が深い神鹿の絵画や美術品が多数展示される。
イベント

超・日本刀入門~名刀でわかる・名刀で知る~

超・日本刀入門~名刀でわかる・名刀で知る~

期間=開催中~3月20日
会場=静嘉堂文庫美術館
観覧料=一般1000円/高校・大学生700円/中学生以下無料

近年の大ブームで日本刀に興味を持った初心者向けの展覧会。所蔵の国宝・重要文化財刀剣9件がすべて揃うとともに、日本刀の鑑賞の仕方や由来などをわかりやすく解説する。展示品の中でも最大の見所は鎌倉時代に製作された国宝「手?包永太刀」。鎬高く反り高い刀身と華やかな変化に富む刃文が特色となっている。滝川一益が主君の織田信長から拝領した「古備前高綱太刀」や、豊臣秀吉から直江兼続へ送られた遺品「長船兼光刀」などの重要文化財も併せて展示される。