歴史群像厳選!歴史NEWS&イベント
『歴史群像』本誌に掲載のイベント情報をご紹介します。
その他にも、本誌に掲載しきれなかった戦争関連の特別展や、戦国、幕末の企画展などもアップする予定です!
4月NEWS 歴史イベント

4月の歴史NEWS

ミリタリー

4月3日  朝日新聞 

インドネシア・ニューギニア島マノクワリで倒れたまま、8年半にわたって放置されていた「戦没日本人之(の)碑」が2月末に復旧された。厚生労働省が取材に明らかにした。
ヒストリー

4月3日 読売新聞

幕末から明治期に活躍した福井藩主の松平春嶽が初めて乗ったとされる木製の三輪車「ビラスビイデ独行車」が復元された。
福井県が、藩士の日記や1850年代の車輪を参考にして2年がかりで完成させた。県庁1階ホールで13日まで公開している。
ヒストリー

4月3日 朝日新聞 

長崎市南山手町の大浦天主堂の敷地内に1日、「キリシタン博物館」が開館した。旧羅典(らてん)神学校と旧長崎大司教館を活用したもので、潜伏キリシタンの信仰の道具や日本のキリスト教の歴史を紹介したパネルなど130点が展示されている。
ヒストリー

4月4日 毎日新聞

徳川家康が豊臣家を滅ぼした大坂冬の陣(1614年)、夏の陣(15年)の詳細な陣形を記録した最古級、最大級の陣図が見つかった、と広島県立歴史博物館(福山市)が4日、発表した。
ヒストリー

4月4日 産経新聞 

広島県立歴史博物館(広島県福山市)は、江戸時代の測量家伊能忠敬(1745~1818年)が東日本を記録した「沿海地図」の写本を新たに確認し、報道陣に4日公開した。
ヒストリー

4月6日 読売新聞 

福岡県大牟田市西港町の洋館「三井港倶楽部」を運営する三井松島産業(福岡市)が進めていた建物の改修が終わった。昭和天皇ゆかりの品々を1室に展示したのをはじめ、扉など開館当初からの歴史を感じさせる木製部分はそのままに、段差の解消などを図った。レストランで提供する料理も刷新し、7日から一般向けの営業を始める。
ヒストリー

4月6日 河北新報

老朽設備改修のため休館していた仙台市博物館(青葉区)が、3カ月ぶりに再開した。館蔵品約1000点による「旬の常設展2018春」で、幕末の仙台藩の動向を伝える「戊辰戦争150年」コーナーが設けられている。
ヒストリー

4月7日 中国新聞 

東京都杉並区立郷土博物館は6日、1600年の「関ケ原の戦い」の前に、東軍総大将の徳川家康が、西軍総大将となる毛利輝元に送った礼状などの新出史料を確認したと発表した。
ヒストリー

4月7日 毎日新聞

江戸時代に前橋地域を治めた4大名家「前橋四公」の一つ、松平大和守家(やまとのかみけ)の家宝「御手杵(おてぎね)の槍(やり)」の複製品が22日、前橋市大手町3の臨江閣で展示される。22日開催の「前橋藩主松平大和守家顕彰祭」の目玉イベントで、公開は初めて。観覧無料。
ヒストリー

4月17日 佐賀新聞 

昨年10月、古美術店「古美術白水」=東京都港区=店主寺﨑正さん(72)=佐賀市出身=が所蔵する掛け軸が、室町幕府の初代将軍足利尊氏(1305~58年)を描いた肖像画の写しとして栃木県立博物館で公開された。専門家の調査ではこれまで教科書などに掲載されていた肖像画は、尊氏とは別人と見られている。
ヒストリー

4月17日 読売新聞 

5月の「大山開山1300年祭」に向け、制作が進められていた太刀「名物童子切安綱どうじぎりやすつな」(国宝)の複製が完成した。
同月20日に開かれる大山寺開創1300年法要で奉納され、同寺宝物館で保存、展示する。
ミリタリー

4月17日 読売新聞

高知市曙町に残る旧陸軍歩兵第44連隊の弾薬庫と講堂の現地見学会が行われた。
地元有志らで作る「保存する会」などが7日に開催、約50人が参加した。
ヒストリー

4月17日 毎日新聞 

旧水戸藩校の「弘道館」(水戸市三の丸1)で、歴史画家・故羽石光志氏(1903~88年)が描いた「徳川慶喜肖像画」(縦100センチ、横71.5センチ)と、下絵5点を公開している。12月28日まで。肖像画は7年ぶり、下絵は初公開だ。
ミリタリー

4月17日 読売新聞

館山市の指定史跡「館山海軍航空隊赤山地下壕ごう跡」の入場者数が2017年度、3万8248人に上り、過去最多を更新した。平和学習の場だけではなく観光拠点としても人気で、団体客と県外客が大幅に増加した。
ヒストリー

4月26日 読売新聞 

長崎県島原市は24日、江戸時代に島原藩の領地を治めた松平家から、当時の領内の様子や、藩が長崎港の監視にあたっていたことなどを記した史料12点の寄贈を受けたと発表した。

TOP    BACK

開催中の歴史イベント

イベント

第12回企画展テーマ展示 明治青年 秋山真之

明治青年 秋山真之

期間=開催中~2019年2月17日
会場=坂の上の雲ミュージアム
観覧料=一般400円/高校生・65歳以上200円/中学生以下無料

日本海軍の知将として知られる秋山真之は、慶応4年(1868)、現在の愛媛県松山市で誕生。19歳のときに海軍兵学校に入学した。そして日露戦争で連合艦隊作戦参謀に起用されるなど、日本海軍で重要な役割を果たした。本展では小説『坂の上の雲』で描かれた真之の人生を、海軍や家族に関わる資料とともに紹介。真之を称した東郷平八郎直筆の書「智謀如湧」や本人自画賛の「鯉の滝のぼり」などが展示される。
ニュース

記念艦『三笠』の軍艦旗 73年ぶりに古巣に戻る 更新

『三笠』に掲揚されていた軍艦旗が寄贈され、73年ぶりに戻ってきた。寄贈したのは海軍予科練出身の石本光男氏(故人)の妻・美恵子さん。石本氏は92年にアメリカの収集家から入手。石本氏の遺志を受けて美恵子さんが三笠保存会に寄贈した。軍艦旗は現在、中央展示室で公開中。
イベント

特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」 更新

特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」

期間=9月29日~11月25日
会場=京都国立博物館
観覧料=一般1500円/大学生1200円/高校生700円/中学生以下および障がい者手帳所持者とその介護者1名まで無料

京都国立博物館の開館から120年で初となる本格的な刀剣展覧会。京都では平安時代から現代に至るまで数多くの刀工が工房を構え、名刀を生み出してきた。本展では京都=山城系鍛冶の作品のうち、国宝指定作品と著名刀工の代表作を中心に展示。平安時代、山城鍛冶の祖となる三条宗近が残した「太刀 銘三条(三日月宗近)」、鎌倉時代の名工・粟田口吉光の傑作「短刀 銘吉光」などを通して、山城鍛冶の技術系譜と日本文化に与えた影響を探っていく。また刀工たちの地位向上に関わった後鳥羽上皇ゆかりの品や、刀に関わる近世京都の文化も併せて紹介する。
イベント

第9回 戦史検定 更新

第9回 戦史検定

実施日=11月18日(日)
会場=國學院大学 院友会館大ホール(東京)
   八尾市文化会館 プリズムホール(大阪)
受検内容= 初級、中上級の2コースあり。併願受検可。初級合格者の再受検可。
試検方法はマークシートによる五者一択方式。当日受検は各試験会場で先着30名まで受付。
受検料=初級3800円/中上級5500円/併願8000円

検定収益を国内外の「戦没者慰霊碑」保全費に寄付する目的で始まった「戦史検定」は、昭和の戦争を知ることができる検定。出題範囲は支那事変(日中戦争)・ノモンハン事件・大東亜戦争を通じた昭和の戦争を主題とし、帝国陸海軍建軍以降の近代史と当時の社会情勢・世相・常識などから出題される。
イベント

佐竹政夫航空絵画展~甦る名機の雄姿 更新

期間=9月8日~9月24日
会場=プラニスホール(北海道札幌市中央区北5条西2丁目 エスタ11階)
観覧料=一般500円/大学生400円/高校生以下無料

小誌連載記事「日の丸の翼」の挿絵でお馴染みの佐竹政夫氏の絵画展が開催。世界で初めて動力飛行に成功したライト・フライヤー1号や、大西洋を横断したリンドバーグのスピリット・オブ・セントルイス号、操縦士の経歴を持つフランスの作家、サン=テグジュペリの小説に登場する航空機など原画約150点を公開する。希少な資料やパイロットなどへの取材からリアルに再現された、雄大な空の記憶をご覧あれ。
イベント

第10回 艦船模型合同展示会 更新

期間=9月22日(土) 12:00~18:00
    9月23日(日) 10:00~16:00
会場=中央区立月島社会教育会館 晴海分館アートはるみ ギャラリーA・B
入場料=無料

日本海軍の知将として知られる秋山真之は、慶応4年(1868)、現在の愛媛県松山市で誕生。19歳のときに海軍兵学校に入学した。そして日露戦争で連合艦隊作戦参謀に起用されるなど、日本海軍で重要な役割を果たした。本展では小説『坂の上の雲』で描かれた真之の人生を、海軍や家族に関わる資料とともに紹介。真之を称した東郷平八郎直筆の書「智謀如湧」や本人自画賛の「鯉の滝のぼり」などが展示される。
TOP  BACK