歴史群像厳選!催し物ガイド
『歴史群像』本誌に掲載のイベント情報をご紹介します。
その他にも、本誌に掲載しきれなかった戦争関連の特別展や、戦国、幕末の企画展などもアップする予定です!

開催中の歴史イベント

展覧会

戦国大名は如何にして軍需を調達したか

期間=開催中~2月16日
会場=埼玉県立嵐山史跡の博物館 展示室
観覧料=一般100円/高校生・学生50円
※中学生以下と障がい者手帳所持者(付添1名を含む)は無料。

戦国大名はどのように人や食料などの軍需を調達して合戦を戦い抜いたのかを考察する展覧会。参陣する兵士が自ら武具を用意する自弁、戦国大名が武具と兵糧を調達して城に確保する備蓄、そして軍資金の3項目で構成される。軍役で課せられた金で飾った武器・武具のほか、当時の城で製造されていた銃弾・砲弾、兵糧の炭化米の塊(真里谷城跡出土)、金貨(騎西城跡出土)などの資料を閲覧できる。
イベント

第25回 ミンダナオ会展示会
南北アメリカ海軍の艦船

期間=2月8日(土) 10:00?18:00
   2月9日(日) 10:00?17:00
会場=東京都中央区立月島社会教育会館 晴海分館
   アートはるみ ギャラリーB
入場料=無料

艦船模型サークルのミンダナオ会が主催する展示会。約140年前、太平洋岸の資源地帯を巡る戦争に勝利したチリは南米の強国として発展していった。一方、南北戦争の痛手から立ち直りつつあったアメリカ合衆国は海軍の近代化を推進した。25回目となる本展では、帆走艦の時代から最新のステルス・イージス艦艇まで、南北アメリカ大陸で独自の発展を遂げた艦船の各種模型を紹介する。
ニュース

熊本地震から3年半の時を経て、よみがえった熊本城天守閣が特別公開!

熊本地震から3年半の時を経て、よみがえった熊本城天守閣が特別公開!
公開日=原則日曜・祝日限定
公開時間=朝9時~夕方5時(最終入園:夕方4時30分)※天守閣内部へ入ることはできません。
特別公開第1弾入園料:高校生以上500円/小・中学生200円/未就学児無料
※入園券の販売は、入園口近くの「二の丸券売所」または桜の馬場城彩苑内の「わくわく座券売所」で行っています。
※「二の丸券売所」の営業時間は朝8時45分~夕方4時25分、「わくわく座券売所」は朝8時45分?夕方4時です。
※熊本市内に在学する小・中学生、身体障がい者手帳などの所持者、熊本市内在住の65歳以上、有効期限内の城主手手形所持者など、入園料が免除となる場合があります。

熊本地震で被災した熊本城が、天守閣外観の復旧完了にあわせて原則日曜・祝日限定での特別公開を開始した。公開第1弾で開放されたルートは、二の丸広場から西大手門、平左衛門丸を通って天守閣前広場の一部までの約450m。秋空の下、よみがえった威風堂々たる姿を間近で見学しよう。

TOP  BACK