サイト内検索
書籍

 歴史人物のエピソードが楽しく読める歴史入門書!

『世界の軍装図鑑 The MILITARY UNIFORMS of the World
イラスト・解説/坂本 明

世界の軍装図鑑

ISBN/9784054064966
A5判・128ページ
定価(税込)605円

ご注文はこちらへ 

全国のセブン-イレブンおよび書店にて、
ただいま大好評発売中!

美しきミリタリーユニフォームの魅力が満載!


この世界に制服は数あれど、軍装(ミリタリーユニフォーム)ほど、形と機能の融合を追求しているデザインはないかもしれない――。そして軍装は、それぞれの軍隊の個性や時代の状況を反映するものでもある。第二次世界大戦から現代まで、世界の陸海空軍の戦闘服・礼服・個人装備・各種徽章を網羅したヴィジュアルガイド決定版!

主な内容

第1章 陸軍 
アメリカ陸軍、イギリス陸軍、ドイツ国防軍陸軍、ナチス親衛隊、大日本帝国陸軍、陸上自衛隊
ほか

第2章 海軍
アメリカ海軍、イギリス海軍、ドイツ海軍、大日本帝国海軍、海上自衛隊
ほか

第3章 空軍
アメリカ空軍、イギリス空軍、ドイツ空軍、航空自衛隊

TOP    BACK

『古事記 増補新版』
梅原 猛・著

古事記 増補新版

ISBN/9784054064751
四六判並製・272ページ
定価(税込)1,080円

ご注文はこちらへ 

大胆な仮説を提起する現代語訳と古事記論
歴史書にして第一級の文学――
いま読んでおきたい日本の古典

≪読みやすい大文字の新装版≫

『古事記』の編纂者・稗田阿礼ひえだのあれ は、藤原不比等ふじわらのふひとだった?
「原古事記」には、柿本人麿かきのもとのひとまろもかかわっていた? 
この大胆な仮説を裏付けるべく、梅原猛が初めて『古事記』の現代語訳に挑んだ記念碑的作品。縄文時代ゆかりの日本語の祖語と著者が考えるアイヌ語などを駆使して、枕詞など従来読み解けなかった難解な文章の意味を明らかにしていく。



TOP    BACK

『現代語古事記 ポケット版』
竹田恒泰・著

現代語古事記 ポケット版

ISBN/9784054064546
B6変型 528ページ
定価(税込)1,080円

ご注文はこちらへ 

「信じられないほど読みやすい!」と評判の10万部超えのベストセラーが、ハンディ・サイズで遂に登場。
旧皇族の竹田宮家に生まれ、明治天皇の玄孫(やしゃご)でもある著者ならではの視点による、独自の解説も読みどころ。
巻末には、特別書き下ろし「神武天皇実在論」も掲載。










TOP    BACK

『新装版 戦国武将100 家紋・旗・馬印FILE』
大野信長・著

新装版 戦国武将100 家紋・旗・馬印FILE

ISBN/9784054064430
B6版・オールカラー240ページ
定価(税込)702円

ご注文はこちらへ 

戦国武将100名の家紋と旗、馬印を描き下ろし図版と解説で徹底詳解! 今話題の大河ドラマ『真田丸』など戦国を描いたドラマを観る時は、ぜひ手元に置いておきたい必携の戦国ハンドブックです。巻末には「諸将旌旗屏風」81流を再描しています。

主な内容

概論 
家紋・旗・馬印

家紋・旗・馬印
秋田実季から龍造寺隆信まで、100名の戦国武将の家紋をあいうえお順で掲載!

コラム
尼子経久・三好長慶・松永久秀

「諸将旌旗屏風」ReDraw