サイト内検索
アナザー・センチュリークロニクル

架空の世界を再解釈、リアルな歴史として誌上に再現!

GAKKEN MOOK
『ケルベロス 東京市街戦 首都警特機隊全記録』
KERBEROS PANZER COPS/TOKYO WAR
押井守原作「ケルベロス・サーガ」を集大成・再構築!

ケルベロス 東京市街戦 首都警特機隊全記録

ISBN/4-05-604950-5
B5判・170ページ
定価(税込)2,100円




 

本文より。フィギュアと実景を合成した画像によって、“プロテクトギア”の存在する昭和東京の風景を再現(フィギュア製作:team MATSU@BE)

押井守原作の「ケルベロス・サーガ」既存作品を集大成・再構築、首都警特機隊のすべてを収録した豪華ビジュアル・ムックが登場!
“プロテクトギアのいる戦後東京”が誌上にまざまざと浮かび上がる、前代未聞の一冊!
ミニチュアワーク、マットペインティングを駆使した“記録写真”と、当代一流のミリタリー絵師たちによるビジュアルで、特機隊vsセクトの死闘が繰り広げられる昭和の東京を誌上に再現。また、第一線の歴史/ミリタリー・ライターたちによる超マニアックな歴史考証が、ケルベロス世界のリアリティをさらに強化する。
さらに! 特別収録として、原作者・押井守がケルベロス・サーガの22年を回顧するロング・インタビューを掲載!
さらに!! もうひとつの特別収録として、藤原カムイの完全新作描き下ろしコミック『前夜 ケルベロス騒乱異聞』を掲載!

●イラストレーション、マットペインティング:大西將美、安久津和巳、上田 信、小泉和明プロダクション、ほか
●考証、執筆:田村尚也、樋口隆晴、若松和樹、堀場亙、ほか

主な内容

特別寄稿――『大河の一滴たらんや』 牛島良仁

昭和二十~二十二年ごろの世界情勢

戦後史概観――戦後ワイマール期日本の諸相

首都警特機隊写眞史
昭和二十年六月八日 特機隊の設立
昭和三十年五月一日 第二次血のメーデー事件(四谷暴動)
昭和三十四年六月二日 千住事件
昭和四十年九月十七日 ルフトハンザ機ハイジャック事件
昭和四十二年一月十七日 パルク事件
昭和四十二年二月二十六日 ケルベロス騒乱(二・二六事件)

首都警/特機隊の組織について

昭和四十二年二月二十六日、「ケルベロス騒乱」勃発時の特機隊行動図

首都警特機隊の興亡
[第一部]前史~首都警の設立
[第二部]都市ゲリラの跳梁
[第三部]「ケルベロス騒乱」、そしてその後

戦後ワイマール期における各組織の装備と戦術
一、制服類
【a.首都警特機隊の主装具】
【b.首都警、自治警、陸上自衛隊の装具・制服類】
92式(Ⅸ号2型)特殊強化装甲服の構造詳細
二、小火器
【a.特機隊の主力火器・MG34】
【b.首都警、自治警、陸上自衛隊の主要携行火器】
三、車両
【a.首都警の車両】
【b.陸上自衛隊の車両】
四、航空機
【a.首都警、自治警の航空機】
【b.自衛隊の航空機】
五、「セクト」の兵装
六、特機隊の戦術

“鋼鉄の猟犬”たちの残影
特機隊のルーツ、〈ドイツ第101装甲猟兵師団〉の組織と運用

[特別収録]押井 守 ロングインタビュー
激動の『ケルベロス・サーガ』20年史“三頭犬の足跡を辿る”

『ケルベロス騒乱異聞 前夜』押井 守×藤原カムイ

TOP    BACK

アナザー・センチュリー・クロニクル Vol.3
『機動警察パトレイバー ザ・レイバー・インダストリー
~レイバー開発全史~』
「パトレイバー」の世界背景をSF界気鋭の執筆陣が徹底解明!

機動警察パトレイバー ザ・レイバー・インダストリー~レイバー開発全史~

ISBN/4-05-605088-0
B5判・148ページ
定価(税込)2,100円




本文より。新宿・コマ劇場前に出動した「ヴァリアント」(マットペインティング:岡田有章)

本文より。いずこかの住宅街を歩行する特車二課の「イングラム」(模型製作・合成:田中建史)

本文「LABOR Catalogue」より。「ぴっけるくん」(イラスト:中北晃二)

本文「LABOR Catalogue」より。「ヘルダイバー」(イラスト:中北晃二)

「レイバーとはなにか?」
篠原重工の企業戦略、バビロンプロジェクトの全貌、柘植行人のレイバー防衛構想
「パトレイバー」の世界背景を林譲治、永瀬唯らSF界気鋭の執筆陣が徹底解明!
ぴっけるくんからヴァリアントまで、描きおろしレイバー・イラスト約50点収録!

主な内容

Light and Shadow of LABOR INDUSTRY
レイバー産業の光と影

最新レイバー「篠原AV-02ヴァリアント」のすべて
LABOR'S CASE FILE レイバー事件簿
No.01 篠原製新OSウィルス混入事件
No.02 東京テレポート事件
No.03 黒いレイバー事件
No.04 自衛隊試作レイバー暴走事件
No.05 ソ連製レイバー強奪事件
No.06 甲斐事件

LABOR ENGINEERING レイバー工学
レイバー開発秘話
レイバー技術の進化と体系
レイバーの基本構造
01 動力系
02 駆動系
03 直立・歩行機構
04 ハンドマニピュレーター/エンドエフェクター
05 コクピット・操縦系
06 オペレーティングシステム(OS)
コラム「レイバーの兵装と特殊ユニット」

LABOR Catalogue Part.01
<民間・特殊作業レイバー編>

レイバー企業解説 (1)篠原重工
レイバー企業解説 (2)菱井インダストリー

LABOR ECONOMICS レイバー経済学
「レイバー」という名の構造改革
温暖化と震災が生んだ巨大計画「バビロン・プロジェクト」の真実
業界最王手篠原重工の経営戦略
レイバー産業のこれからと「取り戻された10年」の功罪

LABOR Catalogue Part.02 <警察・軍用レイバー編>
レイバー企業解説(3)シャフト・エンタープライズ
レイバー企業解説(4)淵山重工/(5)マナベ重工
レイバー企業解説(6)菱川島造船/(7)エセキ農機
コラム「レイバー産業が生んだ副次産業効果」 

LABOR CRIMINOLOGY レイバー犯罪学
警視庁特殊車輌二課 設立の真実
特車二課の活動
広がるレイバー犯罪の恐怖  

LABOR MILITARY STUDIES レイバー軍事学
兵器としてのレイバー その利点と問題点
陸上自衛隊レイバー部隊の部隊編制と作戦運用
コラム「幻のレイバー運用構想」
コラム「TOKYO WAR」

TOP    BACK

アナザー・センチュリー・クロニクル Vol.2
『機動戦士ガンダム 一年戦争全史〈下〉』

機動戦士ガンダム 一年戦争全史〈下〉

ISBN/4-05-604614-X
B5判・164ページ
定価(税込)2,100円


アナザー・センチュリー・
クロニクル編集部 編
企画協力 歴史群像編集部

地球連邦軍、怒涛の反撃! 人類史上未曾有の世界大戦「一年戦争」はいかにして終結に至ったのか?
“リアル・ミリタリー”な「ガンダム」世界を徹底描写し、大好評を博した『一年戦争全史〈上〉』の続編がいよいよ登場。上巻同様、『歴史群像』シリーズなどで活躍中の軍事・歴史ライター陣が全面参加、「一年戦争」終盤のジャブロー強襲~ア・バオア・クー戦までの戦局の流れと、それにまつわるさまざまなテーマを分析する。大西將美、高荷義之、上田 信、トニーたけざき他、豪華イラストレーターによる描きおろしビジュアル約100点を収録。

主な内容

【一年戦争勃発前の地球圏】

【戦場再現イラスト】DESCENT TO JABURO OPERATION/CAPTURE OF SOLOMON/SOLAR RAY ATTACK/A BAOA QU(イラスト: 岡田有章、高荷義之、上田 信)

【戦闘の推移】1.ジャブロー降下作戦/2.ソロモン攻略戦/3.ソーラ・レイ攻撃/4.ア・バオア・クー

【宇宙世紀の革新的テクノロジー】

【ジオン公国軍・カラーチャート】

【宇宙世紀年代記〈下〉】ジャブローに至る道/飛び立つ地球連邦軍/「星一号作戦」への100時間/ア・バオア・クーへ、そして終戦

【兵器と軍装〈下〉】MSの運用例/MSの構造解析/一年戦争のMA/MA/一年戦争の艦船/一年戦争の航宙機と航空機/一年戦争の軍装

【一年戦争を考察する〈下〉】“軍事独裁”と統帥問題/ジオン公国の終戦工作/ジオン公国最終防衛計画/宇宙における戦闘 ほか

【Column.】戦後のジオン残党/地球連邦軍の階級と役職/ニュータイプとフラナガン機関/一年戦争の中立国家 ほか

【戦争の現場から】ア・デイ・イン・ザ・ウォー /一年戦争の群像(イラスト:トニーたけざき)/木馬追撃戦記【下】

「VISUAL GALLERY」にて、『機動戦士ガンダム一年戦争全史 U.C.0079-0080』〈上〉〈下〉模型作品解説を掲載しています。そちらもご覧ください。

TOP    BACK

アナザー・センチュリー・クロニクル Vol.1
『機動戦士ガンダム 一年戦争全史〈上〉』

機動戦士ガンダム 一年戦争全史〈上〉

ISBN/4-05-604503-8
B5判・164ページ
定価(税込)2,100円


アナザー・センチュリー・
クロニクル編集部 編
企画協力 歴史群像編集部

“リアル・ミリタリー”な『ガンダム』世界がここにある!
アニメ『機動戦士ガンダム』で描かれた「一年戦争」の戦史・戦略・戦術を、『歴史群像』シリーズなどで活躍中の気鋭の軍事・歴史ライター陣が詳細・精密に解釈しなおす、まったく新しい『ガンダム』研究書第一弾が登場! 上巻では、一年戦争開戦から「オデッサ作戦」までの戦争の諸相をあらゆる角度から検証する。大西將美、高荷義之、上田 信、トニーたけざき他、豪華イラストレーターによる描きおろしビジュアル約100点を収録。

主な内容

【一年戦争勃発前の地球圏】

【戦場再現イラスト】ONE WEEK BATTLE/BATTLE OF LOUM/EARTH INVASION OPERATION/THE ODESSA CAMPAIGN(イラスト: 岡田有章、高荷義之、上田 信)

【戦闘の推移】1.一週間戦争/2.ルウム戦役/3.公国軍地球侵攻作戦/4.オデッサ作戦

【宇宙世紀の革新的テクノロジー】

【ジオン公国軍・カラーチャート】

【宇宙世紀年代記〈上〉】ジオン公国が成立に至るまで/一年戦争の勃発~「ブリティッシュ作戦」と「ルウム戦役」/戦争は終わらなかった――公国軍の地球侵攻/「オデッサ作戦」地球連邦軍の反抗の始まり

【兵器と軍装〈上〉】MSの運用例/MSの構造解析/一年戦争のMA/MA/一年戦争の陸戦用装備/一年戦争の艦船/一年戦争の軍装/一年戦争の航空機

【一年戦争を考察する〈上〉】地球連邦・連邦軍の成立/スペースノイドの誕生~ジオンとは/宇宙世紀の物流/戦争初期における両軍の戦争指導/地上戦――その推移 ほか

【Column.】地球連邦政府の宇宙移民政策/ジオン公国軍の階級と役職/月とグラナダ市/一年戦争の核・生物・化学兵器 ほか

【戦争の現場から】ア・デイ・イン・ザ・ウォー /一年戦争の群像(イラスト:トニーたけざき)/木馬追撃戦記【上】

「VISUAL GALLERY」にて、『機動戦士ガンダム一年戦争全史 U.C.0079-0080』〈上〉〈下〉模型作品解説を掲載しています。そちらもご覧ください。